無申告で悩んだら一度会計事務所に相談することがお勧めです。

何かしらの理由で無申告の状態にある中小企業は多いのですが、無申告の会社の決算は普通会社と比較してリスクがあるので引き受けない税理士や公認会計士が多いのが現状です。

ただ弊社としては脱税志向などを持っている経営者を除き、早く無申告の現状から抜け出して健全な会社経営をしていきたいという人に関しては積極的に決算や確定申告をお引き受けさせて頂いてきております。

領収書あるいは請求書などの資料がきちんと残っているならば良いのですが、中には昔の経理資料が必要ない思って捨てしまっている場合には推定において計算などをしたり、または残っている資料だけで法人税や消費税を計算することになります。

なお、無申告の状態がある程度続くと加算税や延滞税などのペナルティが課されるのは当然のこと、場合によっては予告なしに税務調査がやってきて、何日間も拘束される可能性もありますので、できるなら自主的に税務調査が来る前に期限後申告をして少しでも支払うペナルティの金額を少なくした方が良いでしょう。